医療事務の資格を取ろう|就職に有利になる

ウーマン

医療機関で働ける

医者

医療機関で働くとなると、医師や看護師としての資格を持っていないといけないと思われている方は少なくありません。ですが、医師免許を持っていなくても事務的なサポートができる医師事務作業補助といった職種があります。この職種に就くには、医師事務作業補助といった資格を持っていなくても働くことができます。患者さんの診察や治療などができなくても、医療機関で働くことができます。医師事務作業補助は、病院によって呼び方が異なりメディカルアシスタント、医療クラーク、医療秘書と呼ばれています。業務内容としては、医療文書の代行作成、医療記録への代行入力など多くあります。医師は、患者さんの診療や治療などで事務的な業務ができないことが多くあります。医師にかかる負担を軽減するために、医師事務作業補助といった職種があり、サポートすることができるでしょう。

医師事務作業補助として働く際には、資格だけでなく経験がなくても働くことが可能です。民間団体の中には認定試験を行うこともありますが、スタンダードとしては資格がなくても働ける医療機関は多くあります。実際に働くとなると、コミュニケーション力が求められます。働く際には医師だけでなく、看護師や事務員との連絡や調整を行わないといけません。コミュニケーション力がないと、連絡漏れやミスに繋がってしまいます。そういったことがないように、医師事務作業補助として働くには、関係を築けられるようなコミュニケーション力をつけておきましょう。